柳澤医新塾とはWhat we are.

塾長紹介はこちら

■ 柳澤医新塾は医療革命「ニューエイジメディスン」のリーダーを育成する

柳澤医新塾は、2017年 10月に柳澤厚生(国際オーソモレキュラー医学会長)が創設された私塾です。
柳澤医新塾では柳澤塾長の哲学「ニューエイジメディスン」をスローガンに、
日本の医療界に新しい風を吹かせるリーダーを塾生から輩出することを目的に設立しました。

■ 塾生は医療人の誇りを取り戻し、成長し、国民の期待に応えていく

現在の日本で提供されている医療サービスの質は、国民の期待とはほど遠いものです。
医療費は果てしなく増加し、健康保険制度は既に財政が破綻、サービスはさらに低下し、
携わる医療人も疲弊しています。しかも、その矛盾に気付いている多くの医療人が、
保険医療の制約と経済的依存のために、自らが矛盾と思う医療を国民に提供し続けています。
国民の信託に応えていない硬直した医療を実践することは、我々の医療人としての誇りを失います。

柳澤塾長が海外の医療事情を分析し、保険医療が硬直化している日本では「患者のための
心と体に優しい先端医療の導入が世界から 15年以上遅れている」という現実を発信してきました。
柳澤塾長は世界中の医療人と有識者との情報交換を通じ、取り返しのつかないくらいの遅れを一気に
取り戻すためには「医療革命ニューエイジメディスン」の実行しかないという結論となりました。

■ 常に異なった視点から考え、決断し、行動を起こす塾生を育てる

選ばれて入塾した塾生は全員が医師もしくは歯科医師です。
塾では国際的視野に立った医療哲学、社会学、事業哲学、コミュニケーション学、リーダーシップ論、
マーケティングなどを一流の講師により 1年間学びます。そして、創設者の柳澤塾長が提唱する
ニューエイジメディスン(新しい時代の医療)と医療哲学を徹底的に身につけます。
こうして塾生は成長し、日本の医療事業に新風を吹き込むリーダーとして活躍します。

■ ニューエイジメディスンとは

柳澤医新塾の哲学「ニューエイジメディスン」とは、
国民の健康をファーストプライオリティとする医療革命です。塾生は国や医師会や保険制度、
そして学会や医療業界からも独立した自由な立場で国民の期待を越える医療革新を言います。

■ 塾生は選ばれたジェダイである

柳澤医新塾を映画「スターウォーズ」で例えると、若きヤングジェダイが塾生であり、
彼らを教え育てるジェダイマスターが柳澤塾長です。そしてジェダイ騎士団こそ柳澤医新塾です。

2018年10月、1年間の学びを終えた36人の塾生が
リーダーとして日本あるいは海外で活動を開始します。

既に在学中より新規事業をスタートしている塾生もいます。
塾生は1人から数人、ときには塾生全員が一体となり
プロジェクトを遂行します。

そして自らの起業、企業提携あるいはコンサルティングを通じて
医療を革新する新規事業や社会貢献を行います。
塾生は日本の医療の未来です。